はじめに

 

私はかつて、演劇の役者をしながら一部上場企業でマーケティングの仕事もするという二刀流の経験から、演劇で観客に感動を届けるあり方とやり方が、ビジネスや人生の成功に大きな関連があることに気づきました。

 

演劇は見方を変えると、人の幸福を促進し、リピート(継続購買)とリファーラル(紹介)で成り立つビジネスモデルです。

観客に提供する価値は、「満足」という予定調和ではなく「感動」という予定外調和のドラマです。

しかし一般のビジネスに目を転じてみると、多くの企業が「顧客満足」を事業の指標としています。

 

そもそも芸能や芸術では目指さない「満足」を、なぜビジネスでは指標とするのか?

そんな素朴な疑問から私の感動プロデューサーとしての旅は始まりました。

 

「マインドシフトー満足から感動へ」

 

モノが不足し、品質にバラツキがあった20世紀において、ビジネスの目標とする指標は「顧客満足」でした。

「満足」という言葉の本当の意味は、「満ち足りる」ではなく「足りないモノを満たす」ことだったのです。

21世紀に入り、世の中にいいモノがあふれモノ余りの状況の中、「顧客満足」という指標は時代遅れになっています。

 

理性と感性が調和した21世紀型感動創造のアプローチは、仕事においては顧客ロイヤルティと社員幸福感を上げ人生においては人間関係の改善と自分らしい夢の実現に直接的に影響を与えるゲームチャンジャ―になります。

 

そして人類は今、コロナ過と戦禍という想定外の禍の影響で分断と闘いというネガティブな集合的無意識に陥り、多くの人が影響を受けています。

いまこそ文化や国を超えた人類共通の価値観「感動」へフォーカスすることが、調和型問題解決への強力な「ハチドリのひとしずく」になると私は信じています。

 

講演(公演)やセミナー、オンラインサロンや教材を通じて、平野感動メソッドに出会い、日常で実践することにより、あなたの周りにたくさんのハッピーエンドが生まれることを、心より願っております。

 

平野秀典

2022年7月27日

 

 

 

 


NEWS

■「観音崎感動塾ファイナル」募集開始!

 会場の観音崎京急ホテル閉館のため今回で最終開催となる「観音崎感動塾ファイナル」
  *詳細はこちら

「オンライン感動塾」メンバー募集中!

 感動力」の極意が毎月2回配信される連続講座とコミュニティサロンが合体した感動の学びの場。
  *詳細はこちら

■「セミナー音源教材」発売中!

 東京代官山で行われたライブセミナーと紀伊國屋劇場公演をまるごと収録した「セミナー音源」発売中。
  *詳細はこちら

PROGRAM


EMAIL MAGAZINE

毎週火曜日朝8時半に届く心が元気になるメールマガジン。

わかりやすい言葉の中に感動を創造する表現力の秘訣が満載。

まぐまぐ殿堂入りの週刊無料メルマガ *メールアドレス記入

メルマガ購読・解除 ID: 118235
感動を生みだす表現力の魔法
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

今後配信予定の自社版メールマガジン(無料)

「感動力の磨き方」に購読登録をどうぞ

メールアドレス:   
お名前: