『感動の創造』 

新訳 中村天風の言葉

(講談社)

感動プロデューサーが解き明かす、

「人生」という舞台で天風哲学の真髄を活かす知恵!

★amazon日本の思想部門でベストセラー1位!

 

  

人の喜びを 

わが心の喜びとする

  中村天風

  

 

東郷平八郎、原敬、松下幸之助に多大な影響を与え、現代でも松岡修造、稲盛和夫、市川海老蔵、大谷翔平といった各界の著名人から強く支持を受ける中村天風が、もし現代に現れたら、どんな表現でその教えを伝えただろうか?

 

全国20万人のビジネスマンの人生を変え、講演・コンサルティング先企業の

業績を次々向上させた伝説の「感動プロデューサー」であり、実父が天風会の

講師でもあった平野秀典氏が、中村天風の厳選された「名言」をピックアップし、「新訳」として今を生きる私たちにも分かりやすく読み下します。

                       (amazon内容紹介より)

★「マネー現代」で新刊関連記事が紹介されました。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/58628

成毛眞氏が運営する人気書評サイト「HONZ」に、新刊の書評が掲載!

https://honz.jp/articles/-/45022

読売新聞12月1日に広告が掲載されました。

平野秀典 感動表現力 × 中村天風 感動の教え

時空を超えた究極のコラボレーション

   

 

中村天風成功哲学の体系化された教えについては、

本や講演録CDなどもたくさん出ていますが、

年前の言語表現と本格的な哲学体系のため、

興味があっても少しハードルが高いという声も聞かれます。

 

しかし縁あって天風哲学を学び実践した人たちは、

困難を乗り越えるだけでなく、周りの人を幸せにし、

世の中に貢献しながら感動的な人生を歩む人が後を絶ちません。

  

 日本成功哲学の最高峰、中村天風師の英知を、
21世紀に活きるメソッドとして翻訳したらどうなるのか?

 

そんな純粋な好奇心から、 

中村天風という巨人の肩の上に乗せていただき見えた景色には、

感動にあふれる人生を生きる知恵が、地平の先まで広がっていました。

 

中村天風成功哲学の中心概念には、

「人の喜びをわが心の喜びとする=自他感動」の境地があり、 

平野秀典感動力メソッドと見事につながっていました。

 

このたび平野秀典16冊目の著作として、

中村天風感動の教えと平野秀典感動力メソッドが融合した

日本初の本発売されることとなりました。

 

中村天風が上野精養軒の前で辻説法を始めてから100周年となる

記念すべき年に発売されるご縁に感謝し、精魂込めて書き上げました。

  

感動プロデューサー

平野秀典

  

 

目次

 

プロローグ 巨人の肩の上に乗って

 

第1章 真善美(ヒーローのテーマ)

 

誰もがヒーロー(万物の霊長)

ヒーローにはテーマが必要(真善美)

苦しい欲望と楽しい欲望の違い(尊い欲を燃やせ)

最高の人生シナリオの描き方(理想と想像)

日常に生きるヒーローになれ(暗かったら窓を開けろ)

悲しんでいるとき気持ちいいですか?(天命と宿命)

自分を牛耳る黒幕(実在意識と潜在意識)

ヒーローは夜つくられる(観念要素の更改)

反面教師が教えてくれるもの(美とは調和)

ビジネスを成功させる哲学的極意(善とは愛情)

人は成長するものに感動する(進化向上)

 

 

第2章 絶対積極(セルフプロデュース)

 

人生ドラマの楽しみ方(何かあるのが人生)

プラスもマイナスも抱きしめて(積極思考)

余分を削ると本来の自分が現れる(本来の面目)

前向きよりも上向き(宇宙霊)

人生の成功は掛け算で決まる(感応性能)

思考をプロデュースする方法(積極観念の養成)

口紅を希望に変える魔法(苦を楽しむ)

心が上流、運命が下流(心と体は命を使う道具)

プラス思考を超えて(第一義的人生)

競争から共奏へ(相対積極と絶対積極)

清濁併せ呑むと人は幸せになる(泰然不動)

 

 

第3章 本領発揮(最高の自分を創る)

 

さあ、最高の自分を演じよう(本領発揮)

ないものねだりよりあるもの磨き(潜勢力)

命を輝かせる共演者(心一つの置きどころ)

人を幸せにする言葉の力(言葉の積極化)

自分を活かし人を活かす(利己と利他)

感情的な人より感動的な人(有意注意力)

最強の自然体になる方法(クンバハカ)

心のスクリーンに何を描いているか(信念の煥発)

神頼みより気高い理想を(独立自尊)

「あり方」よりも「なり方」(情味)

感動の創造(楽しい欲望)

明日死を迎えるとしても(感情が運命を拓く)

悲しければ明日悲しもう(歓喜と感謝)

 

あとがき

 

エピローグ 寓話「あなたという贈り物」 

 

 

<プロローグ(前書き)抜粋 >

 

プロローグ 巨人の肩の上に乗って

 

「あなたはなぜ、そんなに素晴らしい発見をすることができたのですか?

「私がかなたを見渡せたのだとしたら、それはひとえに、巨人の肩の上に

乗っていたからです」

 

 これは、アイザック・ニュートンが、知人に宛てた手紙の中で書かれたと

言われる言葉です。

「巨人の肩の上」とは、先人の積み重ねた発見に基づいて何かを発見するこ

とを指すメタファー(比喩)のこと。

 

 本書では、松下幸之助、稲盛和夫、ロックフェラー3世など財界人から、

原敬などの政治家、芸能人やスポーツ選手まで、各界トップたちに絶大な影

響を与え続けている成功哲学の日本最高峰、中村天風師の肩を借りて、今と

未来の景色を見渡してみようと思います。

 

 私が中村天風師の肩の上に乗って眺めた景色には、「真善美」「絶対積極」

「本領発揮」という3つの道(教えの神髄)が見えました。

 それはまるで、感動の人生舞台を実現するための、「脚本」と「演出」と

「表現力」のドラマ創作三点セットに思え、不思議な納得感と既視感を覚えま

した。

 

文章全体は、天風哲学の深遠な英知を、理解や理屈だけでなく、心と肚で

感じ取れるよう、余分な説明や言い回しを一切省き、名優のセリフ回しのよ

うに、余白と余韻とリズムを加えてデザインしました。

 

 第1章『真善美』では、天風師が教える理想の人間像、つまり万物の霊長

であり、人の喜びをわが心の喜びとし、世の中の進化と向上に参加するため

に生まれてきた人間本来の姿を、「ヒーロー」と表現することで、理解と

気づきを促進しました。

 第2章『絶対積極』では、難解な絶対と相対の違いを、「ドラマ思考」の

観点から解き明かし、幸福な人生と仕事の成功に活かすために、天風哲学を

創造的関係性に翻訳しました。

 第3章『本領発揮』では、最高の自分自身を創造する極意を、心身統一法

から抜粋させていただき、ドラマ思考と融合する形で、感動あふれる人生を

実現する方法論としてまとめてみました。

 

百年の長きに渡り、多くの人の人生を豊かにし、成功を実現させ、灯台の

灯りのように希望を与え続けてきた天風哲学こそ、〝誇るべき日本の哲学〞

なのだということが、本書を通じて多くの人に知ってもらえましたら、望外

の喜びです。

 混迷の世界を感動の世界に変え、次の世代に引き継ぐ、小さな巨人が一人

でも多く誕生するようにと願いを込めて。

 読みながら見えた景色、腑に落ちた言葉が、あなたの人生を、かつてない

感動と成功の地に導いていきますことを、心より願っています。 

 

                           平野秀典

 

 

    

   『感動の創造 新訳中村天風の言葉』

    (講談社1600円(税別)

 

   amazonはこちら

           

 

        

書店様展開写真(読者からのご提供)

新宿紀伊国屋書店
新宿紀伊国屋書店
八重洲ブックセンター
八重洲ブックセンター
有隣堂アトレ川崎店
有隣堂アトレ川崎店
丸善丸の内本店
丸善丸の内本店
ブックファースト新宿店
ブックファースト新宿店

紀伊國屋書店豊洲店
紀伊國屋書店豊洲店
くまざわ書店豊洲店
くまざわ書店豊洲店
三省堂書店池袋本店
三省堂書店池袋本店

豪華2本立て「出版記念セミナー」決定!

 

中村天風100周年記念公開セミナー

「人の喜びをわが心の喜びとする」

 

2019119日(土)13時~18時(受付開始12時半)

2019126日(土)13時~18時(受付開始12時半)

*注意:内容はそれぞれ異なります。

 

会場:天風会館東京都文京区大塚5-40-8

定員:150名(座席は当日先着順でのご案内となります)

受講料:各回参加5,000円連続参加8,000

主催:公益財団法人天風会

 

詳細と申し込みはこちらです。

http://www.tempukai.or.jp/learn/event_fellowship/event_detail_20190119_26.html